評価の高いバックリンクを得る

実は、YSTのアルゴリズムに基づいた相互リンク先の探し方があるんです。


アルゴリズムとは・・・。

検索順位の決定条件、方法のことです。

各検索エンジンYST(Yahoo!JAPAN)、Google、MSNでそれぞれ違いますが、根本的には検索キーワードにより関連性の深いサイトのページがより上位に表示されるように日々チューニングされています。


ではまずその前に、リンク元のサイトを調べる方法です。


Yahoo!JAPANの検索窓(アドレスバーではない!)にlink:調べたいサイトのURL

これでOKです。


で。検索するとそのサイトへリンクしているサイト(ページ)がずらずらと表示されます。


ここで重要なのは、リンク元サイトの検索結果の順位は上ほど重要なサイト、つまり、上にあるサイトほど、検索結果順位に影響を大きく及ぼしているということです。


これは推測の部分が大きいですが、ほぼ間違いないと思います。

業界で有名な方々も同じようなことを言っています。


また、YSTの特徴として、ページ数の多いサイトが上位表示されやすい傾向にあります。

これは、最近のアルゴリズム変更でより顕著になりました。


ちなみにサイトのYSTにインデックスされているページを知るには

site:www.abc.comみたいに調べたいサイトのURLからhttp:// を抜いてsite:のあとに付け、Yahoo!の検索窓に入力すればわかります。


いくらページ数が多くても、YSTにインデックスされていなければ意味はありませんよね。

ですので、検索エンジンにインデックスされやすくするには、サイトマップやパンくずリストを全ページにつけるとよいでしょう。



では、YSTのアルゴリズムに基づいた相互リンク先の探し方は以下の手順です。



例えば、「ダイエット」関連のキーワードでSEO対策する場合


1. Yahoo!で「ダイエット」で検索する。


2. 検索結果の(スポンサーサイトは除外して)1番上のサイト(サイトAとする)のバックリンク(被リンク、リンク元)を調べる。

link:をURIの頭につけて検索するとそのサイトのリンク元を検索できる。


3. リンク元サイト一覧の上のサイトから順に相互リンクをしてくれそうなサイトであれば、依頼する。

リンク元サイト一覧で上に出てくるサイトほど、サイトAの検索結果順位により強い影響を及ぼしていると考えられる。

※同ジャンルのサイトつまり、企業サイトであればライバルサイトになる為、なかなか相互リンクはしてくれないかもしれないが、これらのリンク元サイトはすべてサイトAにリンクしているのだから、リンクしてもらえる可能性はある。但し、サイトAの関連サイトである場合は難しい。


4. サイトAのリンク元一覧の5ページくらいまで終わったら、次は、1.の検索結果の2番目のサイトのバックリンクを調べて、同様に相互リンク依頼をしていく。


以下同様・・・


手順としては、普通に相互リンクしていくだけですが、YSTでより効果の高い、つまりバックリンクとして質の高いサイトから順に相互リンク依頼をしていくことで、短い時間で最大限の効果を得ることが可能になります。



しかしながら一方的にリンクを受けるのはなかなか難しいのが現状です。

役立つ情報を提供しているだけではリンクしてくれないでしょう。


昔と違って今の検索エンジンは外部サイトからのリンクがなければニッチなキーワード以外で上位表示は無理です。


YSTを攻略するにはこの手順でバックリンクを得るのが効率的かつ効果的ですので是非参考にしてください。







こちらにもまだまだキーワード情報があります!

ヤフー検索エンジンの特徴

数年前の検索エンジンはサイト内部の要因しか見なかったのですが、今の検索エンジンは外部サイトからのリンク(バックリンク、被リンクなどと呼んでいます)を高く評価しています。


これはみなさんご存じの通りで、アンカーテキスト(リンクテキスト)にキーワードが含まれていれば、そのキーワードでの検索結果にポイントが加算されます。


また、リンク元のサイトテーマを判断し、関連性の高いサイトからのリンクに高評価を与えます。


つまり、バックリンクの数だけでなく、リンク元サイトの質も評価しています。


このバックリンクの質の評価の仕方が、YSTとGoogleでは若干異なっています。


Googleがバックリンクの質を評価するときはページランクの高いサイトを質の高いサイトと見なします。(もちろん、サイトの関連性も見ています。)


ページランクとは、Google独自のサイトポピュラリティの基準で、YSTには関係ありません。


YSTのほうは、Googleよりもサイトの関連性を強く評価しています。


関連性のないサイトからのリンクはほとんど影響を及ぼさないといってもよいかもしれません。


さらに、関連性のないサイト間の相互リンクは今後リンクファームとみなされる可能性があります。(現在は、特に問題はありません。)






こちらにもまだまだキーワード情報があります!

ナチュラルリンク

SEOで検索上位表示される基準として被リンクの数が多いほど、上位表示される、というのがあります。

このときの検索エンジンの考えとしては「被リンクされればされるほど、有用なサイトと考えられ検索者にとって有用なサイト、と判断されるから」となるでしょう。

しかし、この原理を逆手にとりとにかく被リンクを増やそうと考える人がでてきました。

その最たるものが相互リンクです。

相互リンクは検索に上位表示されるためにすることが多いのでこのリンク数のカウントを優先順位を下げる、ということにしました。

そこで、結果として優先順位があがったのが「ナチュラルリンク」というものです。

ナチュラルリンクとは一方的なリンク。

つまり、相互ではないリンクです。

そして、この数が多ければ多いほど検索上位表示されやすいとされています。

実は、ナチュラルリンクを増やすという方法はすごくたくさんあるんです。

先ずは、このサイトの右サイドバーの「リンク」でご紹介しております「オートリンクネット」をご活用下さい。






こちらにもまだまだキーワード情報があります!

ヤフー検索(YST)の最新情報

SEOの最新情報です。

ヤフーの検索エンジンシステムについて書かれた記事です。

「実際にユーザーが送ってきた検索リクエストと検索結果がどれくらいユーザーの意図に適合していたかを評価する作業を何度も繰り返しています。

これは何らかのアルゴリズムで定式化できるようなものではないので,スタッフの手作業です。

幸い,Yahoo! JAPANにはディレクトリの保守などで日本語サイトの情報に精通した経験豊かなスタッフが多くいるため,サイトの重要度などを高い精度で判断できていると思います」

詳しくはこちら!

どうです?

この記事から、YSTの検索結果には人の手が入っているという事がわかりますよね。

ならばコレですね!

実は、YSTの検索結果に人の手が入っているであろうという事をさまざまなデータから読み取り、商材の中に書いてあるのです。

しかも、それに対する対処法まで書いてあります。

はっきり言って、今後この情報を手に入れておけば他のSEOノウハウなんていりません。

さらに、最新のノウハウは、フォーラムなどで公開されますし他の情報起業家とは検証しているサイト数が違います。


もし、気になるSEOノウハウがあれば、販売者に「検証したサイトはどれぐらいありますか?」と聞いてみて下さい。


500サイト以上で実践したデータを持っていることは無いでしょう。


SEO・・・これほど明確に稼げる方法は、やっぱり病みつきになりますね!


こちらにもまだまだキーワード情報があります!

ページランク

ページランク=すごい

という昔ながらの常識を持っている人も多いと言うのをよく聞くのですが、現在はそんなに影響はないみたいですね。

突き詰めていけば結局しっかりとした内容のあるサイトが全て。

GoogleがSEO対策を採られないように情報を公開しないようになってきた今、対応できるのはコンテンツの充実しかありません。

全ての人が検索エンジンを使う目的。

それは「自分の探す情報が載っているから」と言う理由です。

にもかかわらずアフィリサイトばかりや中身のないサイトばかり上位表示させるはずがないですもんね。

もし、そうなれば検索エンジン自体使われなくなってしまいます。

そうなるとヤフー、Googleともに広告収入が得られなくなります。

だからこそ意図的に上位に表示するSEOというのを嫌います。

チョット考えればわかりますよね。

結局はいたちごっこということです。


ですから、半永久的に安定して上位表示させるには、キーワードに対して内容の充実したサイトを作るのが結果的に良い・・・地道な作業です。


アフィリエイトの商品紹介のみで作られたページは検索エンジンから嫌われている傾向があります。

これは私の経験ですが、純粋なコンテンツのみのサイトとアフィリ記事が入っているサイトではコンテンツのみのサイトが上位に来る結果が出ています。


私の結果では常にそうなります。

アフィリエイトリンク自体をスパムとみなす可能性というのはかなり低いと思うのですが、SEO的に減点扱いする可能性はあるのではないか?と思っています。


同じHTML構造で同じコンテンツのサイトがあればアフィリリンクを含んでないサイトを上位に持ってくる。


結果としてそうなっているので、今後はより一層コンテンツが重視されるのではないでしょうか?


こちらにもまだまだキーワード情報があります!

SEOの学び方

SEOを勉強するのは簡単です。完全に無料でできます。

どうやってやればいいかというと、検索結果を調べたらいいんです。

KEY造ってご存知ですか?

KEY造 についての無料レポートはこちら→無料でダウンロード!

KEY造では、特定のキーワードでgoogle yahoo msn で検索した結果の被リンク数や、metaタグ、タイトルなどが一覧ででてきます。

このKEY造で、競争の激しいキーワードで複数検索し検索で上位表示されているサイトの共通する特徴をみていけばSEOはかなり分かります。

そして狙ったキーワードの詳細を知ることも無料で出来ます。

こちら→キーワードアドバイスツールプラス


また、競争の激しいキーワードを知るには
 
こちら→オーバーチュア単価チェックツール
 
で検索し、その単価が高ければ高いほど、競争が激しいといえます。

この方法、SEOを本気で学びたい人は必ずやってください。

特に今までSEOを勉強してきている人ほどこれはやってください。

一昔前の常識は、今は通用しなくなってきています。

「なぜ、このサイトが上位にあるか分からないサイト」がいっぱいあります。


こちらにもまだまだキーワード情報があります!

検索上位表示を安定させる

SEOの小手先のテクニックよりもズバリ!

「有用なサイトを作る」

これが永続的に検索上位に表示されるサイトを作るうえでのもっとも良い方法です。

有用なサイトの定義ですが私は以下のサイトが有用だと感じます。

・コンセプトが明らかであり統一されていること
・使いやすいこと
・情報量が多いこと

いかがででしょう?

自分が「このサイトは有用だ」と感じるサイトを箇条書きにしてみてください。

そのそれぞれのサイトにどのような特徴があるのかそれをまた箇条書きにしてみてください。

そしてあがったポイントをみたしていること。
これが、もっとも楽で最短で、なおかつ楽しいSEOです。

これ以上はありません。

検索エンジン側かららしても、そういったサイトを上位表示させることを日々追求しています。


ですから、こういうサイトを作れば、ロジックがどんなに変わっても、いずれは上位表示され、そして、その後も半永久的に上位に表示されます。

ズバリ!SEOの究極のテクニックですね!


こちらにもまだまだキーワード情報があります!

今後のSEO

SEOを勉強する上で注意しなくてはいけないことがあります。
それは、上位表示される条件がころころ変わるということです。

検索エンジンは、「使ってもらえる検索エンジン」になることを目指しています。

使ってもらえればもらえるほど、広告収入があがるからです。

それには「使う人が欲しい情報が的確にでてくる検索エンジン」にしたいと考えています。

しかし、一方で、「的確な情報」がないにも関わらず検索上位に表示させたい人がいます。

彼らは、検索エンジンがどのような基準で上位表示させるかをありとあらゆる方法を使って調べます。

そして、そのロジックを解析して、上位表示させます。

検索エンジンは、そのようにして上位表示されたサイトの中で的確な情報のないサイト、内容の少ないサイトの検索順位を下げたいと考えています。

なぜなら、そういうサイトが上位に表示されればされるほど「この検索エンジンでは良い情報がみつからない」と判断され、他の検索エンジンを使うようになるからです。

私は情報を探すときはグーグルで検索します。
ヤフーはまず使いません。

グーグルのほうが、私が使った限りでは的確な情報がでてきます。

今のところ、日本では、ヤフーは初心者によく使われることから、ここで上位表示されれば稼げるとされています。

しかし、アメリカでは、グーグルが主流で、グーグルで上位表示されることが第一と考えられています。


このような理由で、上位表示される結果は変わるんです。

要するにサイトをどのように評価するか、その基準が変わるからです。

そして、これはまだ未確認ですが、グーグルは「お気に入り」に入れられている数をサイトの評価として、項目にいれる可能性があります。

今まではリンクされた数が主流だったのですが、なるほど、確かに「お気に入り」に入れられたサイトは有用である可能性が高いです。

このように、今後検索エンジンはサイトの評価基準(上位表示システム)を今まで以上のスピードで変更していくものと思われます。

ですから、あまり小手先の小細工に力を入れず、狙ったキーワードに適したサイト作りや情報提供に力を入れ、サイトを充実させていくことこそ、安定した上位表示サイトとなることは間違いありません。


こちらにもまだまだキーワード情報があります!

SEOとは

検索エンジン(検索サイト)で上位表示させる方法のことをSEOと言います。

要するにヤフーやグーグルといった一般の方がインターネットで何か探す時に使う「検索」において、「あるキーワード」で検索をかけた時に検索結果で自分のサイトを上位に表示させる事です。

検索結果で上位表示されれば、ほったらかしでアクセスが毎日集まります。

アクセスが集まれば、いろんなことができます。

例えば「商品名」で検索されてきている場合、その商品の提携販売リンクをはっておけば、その商品は勝手に売れ、販売手数料が稼げます。

なぜなら、その人たちは、その商品についての情報を求めて、検索してきているからです。

例えば「ダイエット」で上位表示されたサイトに「ダイエットのコツ、リバウンド無し成功情報を無料でお知らせします」とサイトでアナウンスして、メルマガや無料レポートの登録フォームをおいておけば勝手にダイエットに興味のある人達のメールリストが集まります。

そのメルマガで、ダイエット情報、価値ある情報を提供しつつダイエット食品などの提携販売(アフィリエイト)をしたり、または直接、ダイエット商品を扱う自分のネットショップへのリンクをはっておけばあとは勝手に売れていきます。

SEOの面白いところは完全にほったらかしにできる要素があるということです。

その最たるものがサイトに貼り付けた広告(アドセンス等)です。
クリックされるだけで、お金が発生し広告主から報酬がもらえます。

「狙ったキーワード」をSEOで上位表示。

ネットで完全にほったらかしにできる稼ぐサイクルのひとつです。


こちらにもまだまだキーワード情報があります!
相互リンク募集 アクセスアップ SEO対策
おすすめサイト、リンク集12
<リンクテーブル12>
儲かるホームページ作成法
気功,治療,愛知県,名古屋市,名東区,コスモ気治療院
心理テストと占いのサクセスアップ
観葉植物レンタルのグリーンテック
銀ジャバタンクの館
住宅営業ノウハウ/コンサルティング-ラフィーヌ財務総研
団塊世代,健康食品,ガン,認知症,アトピー,健康管理
フコイダンの上手な選び方。
司法書士福井武男事務所
幼児教材高価買取専門サイト
クレジットカードお得ナビ
京都の和菓子ドットコム
「アイ薬」個人輸入代行
情報商材レビューブログで評価
矯正歯科
八木歯科クリニック
モビット
ソファー×ソファーベッド販売センドキットオンライン
マイカーローンの審査を通すコツ
荒れるレース本命レース判別法
悪徳不動産からの敷金返還術
アフィリエイトで月収50万円
本気で稼ぐサイドビジネス!!
アフィリエイトで稼ぐ為のノウ
無料レポートでアフィリエイト
ダイエット
内職ブログアフィリエイト稼ぐ
競艇ギャンブル稼ぐ3連単完全
競馬ギャンブル稼ぐ必勝勝率
競馬ギャンブル稼ぐ必勝勝率9
ブログアフィリエイト内職日給稼
グーグルアドセンスAdSen
オンラインカジノギャンブル稼
プロバイオティクス乳酸菌
副業アフィリエイトで自由なお金
教育ってなあに?
キッチンエイドミキサー KSM5の通販
松田聖子CD−BOXの激安通販
稼げる情報商材鑑定ブログ
中小企業メルマガ気づき塾
中国茶専門店【好茶(sukicha)】
板金塗装専門貞富自動車
学生アフィリエイターのブログ
今日の心がけ
キャッシングローン比較navi
ケンドーコバヤシ|ケンドー小林
ビジネスノウハウ無料レポート
芦屋 お好み焼き 『威風』
ダイエット頭痛ゲームアドセン
在宅内職副業ブログアフィリエイター
営業 ブライアン・トレーシー
今、旬のキーワード
トリックアート〜だまし絵〜
必勝競馬
占い・スピリチュアル・霊感・
ペコの在宅ビジネス徒然日記
★みんなのランキング★
いらっしゃいませ!
健康生活を楽しむための108
爆転を一番売るブログ
今、旬のキーワード
行政書士試験相談室
ショップ GT-R へようこそ
サクラなしの出会い系サイトと
FLIKE〜思わぬ幸運〜
私の秘密の収入
スポーツブラについて
芸能・スポーツ・投資・健康・
マチュピチュ遺跡の魅力
モンサンミッシェルの魅力
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。